利用方法

利用方法は次のとおりです。
(1) 暗室利用 利用者が、自ら電波暗室で測定等を行ってもらいます。
(2) 技術補助 測定等責任者からの補助、操作方法の指導を受けながら、利用者自ら電波暗室で測定等を行います。
(3) 技術代行 測定等責任者が利用者に代行して電波暗室で測定等を行います。

利用料金

(2019年10月1日現在)

電波暗室利用料金(9:00〜17:00)

区分利用料金(円/日)(消費税込み)
放射エミッション(9kHz~30MHz/30MHz~3.6GHz)64,800
伝導エミッション(9kHz~30MHz)64,800
放射イミュニティ(80MHz~6GHz)81,000
伝導イミュニティ(150kHz~80MHz)81,000
ネットワークアナライザ(10MHz~90GHz)51,840

※半日利用となる場合の料金は、別途お問い合わせください。
 

事前講習料金

利用者が初めて利用する電波暗室について、事前に操作方法等を修得するための講習料金です。
20,000円/回(消費税込み)
※ 技術代行の場合は、負担いただく必要はありません。

技術補助における技術補助料金

30,000円/回(消費税込み)
※ 技術補助料金に加え、電波暗室利用料金及び事前講習料金(初回のみ)を負担いただきます。

技術代行における技術代行料金

60,000円/回(消費税込み)
※ 技術代行料に加え、電波暗室利用料金を負担いただきます。

<2019年10月1日時点での消費税率変更に際し、金額(税込み)の改定は行っておりません。>

2019/10/01更新