【セミナー】2月7日 第2回EMC対策基本技術セミナー IoT時代のEMC対策-VCCI自主規制と対応-

EMC対策基本技術セミナー(第2回 2019年2月7日) IoT時代のEMC対策-VCCI自主規制と対応- 日本国内に流通するマルチメディア機器には、「VCCI」のマークがつけられています。消費者は、このマーク …

VCCI測定設備として登録されました。

京都工芸繊維大学では、国際規格にも適合した3m法電波暗室を設置・運営しておりますが、この度、我が国業界団体の自主規制である一般財団法人VCCI協会規定の測定設備として登録されました。 これによってVCCI協会の会員であれ …

本学広報誌KIT・NEWS 49号で電波暗室を紹介しています。

京都工芸繊維大学が発行する定期刊行物 KIT・NEWS 49号(2018年11月発行)で「地域企業の成長を加速させる国際基準の電波暗室」と題して、本学電波暗室を紹介しています。(P.3~4) 2018年7月、学外に向けて …

電子デバイス産業新聞11月22日号に掲載されました。

京都工芸繊維大学「電波暗室」が電子デバイス産業新聞(産業タイムズ社)11月22日号第2面に取り上げていただきました。電波暗室の特徴や産業界への施設開放など本学の産業振興への取組も併せて掲載いただきました。

10月1日組織改正により名称が変更となりました。

2018年10月1日付けの組織改正により、電波暗室の所属組織名が変更となりました。 E-mailアドレス等連絡先に変更はございません。 (新)デザイン主導未来工学センター グリーンイノベーションラボ (旧)大学戦略推進本 …

【セミナー】第1回電波暗室を使ってのEMC対策基本技術セミナー

安全で安心な電気・電子製品の新製品開発のためには、設計・試作段階から製品から放出される電磁ノイズの低減・規制対応、いわゆるEMC対策を行うことが基本となります。今まであまり着目されていなかった産業向け機械についても、Io …